Search this site
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
トルコキキョウ
130409_1554~01.jpg

ロンガーが亡くなったのは月曜日の真夜中(正確には火曜日だが)
その次の週の月曜日から、「花を買ってくる」という習慣が
新しく我が家に加わった。
その他のロンガーのためのあらゆる習慣は
なくなったんだけど。。。

トールペイントをずっと続けている。
トールペイントには様々な疑問が湧いてきて、
すごくつまらないものだと思った。
誰かの描いた絵をなぞって写す。。。
間違わないように、
なるべく見本通りに
美しく。。。。
おおよそそのへんが気に入らなくて、
私は自分の絵を描いていこうと、
必死に考えて考えて考えすぎて。。。
けれど未だに納得いくものができなくて、
いつもイライラしていた。

ロンガーが亡くなった。
遺影の写真が必要になり、写真立てがない!
娘の300円均一で買った写真たてしかない。
それは日焼けし、みずぼらしかった。
まだ、亡くなって間もない中、
それをリメイクすることにした。
無心で、ただただロンガーのためを思って。

娘がもう1枚、ロンガーの幼い頃の写真を見つけてきた。
ちょうど、トールペイントの材料の白木の写真立てが余っていた。
それには、ロンガーの幼い頃つけていたハーネスの柄である「タータンチェック柄」を描いた。
この柄は私たちにロンガーのイメージを想い起こさせる。

そんな風にロンガーを思って、トールペイントする。
こんな気持ちは初めてかもしれない。
誰かを思って、描く行為。
出来上がりがどうでも、それを描いている間は幸せだった。
本当に本当に、
本来は、そういうものなのだろう。
一般大衆の手工芸。
暮らしの中の癒しの時間。
本当はそんな優しい、暖かなものだったのだろうなあ。
とても素朴で素晴らしいこと。

長いことトールペイントをやってきて、
皆さんは気がつかれていたかもしれないけれど、
私は知らなかったと思う。
これからは、トールペイントに対して
もう少し違った見方ができるかもしれない。
posted by hanae | 15:59 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
つぐなう
130328_1656~01.jpg


ロンガー、ごめんなさい。
きっと許されないよ。
どんな慰めも、人間側からの都合の良い言葉。
どうしても、こうしても、悪いのは私だ。
可愛くて気立ての良く優しいロンガーをこんな目にあわせて。
こんなになって、もうロンガーの帰ってくる肉体はこの世にはない。
輪廻転生なんて、この世の中にない。
ロンガーのことを一番知っていた私のせい。
私は許されることなく、
一生この罪を背負って生きてゆく。
「また他の犬を。。。」なんて
それで悲しみを癒そうなんて、
犬に対して冒涜だ。
また同じ過ちを犯すだけだ。
砂漠の中をひた歩くような苦しみ。
色も音もない暗い闇をあるく不安。
私は十分味あうべきだ。
これがロンガーが味わった苦しみだ。
ロンガーがいない寂しさ。
これがロンガーが一人で留守番していた時の寂しさだ。
私は一生、これを背負って生きてゆく。

posted by hanae | 17:05 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
よしずの中から
120801_1005~020001.jpg
心なしか
よしずの中は
涼しいです。
見た目にもだし、
じっさい
よしずを通って届く風は
きっと何度か涼しくなっているでしょう。

うみのいえの
よしずばりの中で
みぞれを食べれば
クーラーはいらないだろね。



今年の夏こそ、緑のカーテンをしようとおもっていたのです。
ゴーヤ、ふうせんかずら、それともひょうたん?

でも植えるという、そのときを逃してしまいました。

そこで、よしずはどうだろう!と。
けれどそんなには期待していないにもかかわらず、
素晴らしい効果を発揮してくれました。

暑苦しい景色もよしずを通してだと涼しげ。
また外壁とよしずの間に影の空間が出来ることによって、
僅かかもしれませんが、空気の温度が少し下がっているのではないかと思います。

よかった。正解だった。
ただ、オフの時、このよしずが我が家の厄介者と思われぬよう、
今の感動を忘れないようにしよう!


posted by hanae | 10:17 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
見上げれば。。。。
111021_0919~01.jpg

ロンガーの散歩、3日ぶりです。
忙しくて、行けなかったのです。
ごめんね、ロンガー。。。
最近、おトイレが上手く出来なかったのはそのせいかな?
夜中も何度も起きて落ち着きがなかったし、
ストレスを貯めさせてしまったかもしれません。

今日は午後からお天気が崩れるとのことで
朝から行きました!
見上げれば、紅葉しかかった葉っぱの間から青空。
やっぱり、朝は気持ちがいいな〜!
また、朝からロンガーとお散歩に行けるようになりたい。
posted by hanae | 10:39 | | comments(0) | trackbacks(0) |
落書き? 楽描き?
110627_1113~01.jpg

らくがきを描いていて
ハッと、これいいやん!
ってなることがあります。

肩の力が抜けてるから
自由な発想が出てきやすいのかもしれない。

110627_1116~01.jpg

らくがきは
落書きって書くのが正しいのだろうか。。。

楽に描いているから
本当は”楽描き”じゃないかな?
posted by hanae | 11:15 | | comments(0) | trackbacks(0) |
西方から
110620_1845~01.jpg

文字部分は

Let wind of the happiness blow from West.

です。

英訳サイトで変換したので、これで正しいのか。。。。?

「西から幸せの風を吹かせよう」

と言いたかったのですが、伝わっているのかな〜?

風景部分のアップです。

110620_1847~010001.jpg

見本はスイスのカレンダーからです。
ここはどこだろう?

これはJDPA(日本デコラティブペインティング協会)のコンベンションに出展しました。
期限ギリギリまでかかったので、ちゃんと仕上がっていません。
もうあと2日あれば。。。
しかも最後の3日は発熱の中描いていました〜。

帰ってきたのを見て、がっかりです。。。
お恥ずかしい。

でも今回はどうしてもこのメッセージを描き込んで提出したかったのです。
このテーマは次回がない、今回でしか描けないテーマだったから、
下手でも、まとまりきれなくとも、出さねば。。。と頑張りました。


このカレンダーの写真を見た時、
津波の後のあの惨状が頭に浮かびました。

この写真の中の街(村)には何も災害がなく、
綺麗な緑と家々がところどころに立ち、
整然と毎日を送っていることでしょう。

あの災害の土地がいつかこのような幸せな風景となれば良いのに。。
と、いう思いでいっぱいになりました。

これを構想していた時は
ちょうど日本中が自粛ムードで
本当にこれでいいのかなあと思っていた頃でした。

私たちの住む西の方から幸せの風を吹かせられるように

私たちも沈んでいちゃいけない
私たちも幸せになろう

との願いを込めて描きました。

今回のコンベンションは名古屋だったので、
まさに西の方からでした。

せっかくのメッセージも絵のクオリティーを上げないと
意味が半減するぞ!
と反省しかりです。。。。
posted by hanae | 18:52 | トールペイント | comments(0) | trackbacks(0) |
GW最後の日に
 ずっと仕事でどこへも行っていないGW最後の日、
せめて。。。と、外食とカラオケに行きました。

ずっと仕事で。。。。ってものすごく被害者っぽい言い方ですが、
たとえ仕事でなくとも、時間があっても
我が家のGWはこんな感じです。

私も夫も事前に団取りのできない人間で、
その日、急に「どこどこへ行きたい!」なんて言い出すものだから、
思いつきでどこかへ行っても、名物名所おいしいものが分からないので
つまらない思いをすることが続き、
仕舞には、行くことすら言いださなくなってしまいました。

でも、家族はどうかわかりませんが、
私はこれでも十分。
近所のおいしいお店と、念願のカラオケで。

近所のおいしいお店!

「ベトナム料理サイゴンパリガーデン

本当においしかった〜!
一番好きなのは「パッタイ」っていう
フォーの焼きそばみたいなやつ。

もちろん生春巻き、揚げ春巻き、そしてそれを付けるたれ。

全体的にベトナムっぽい独特なクセトいうか、かおり、味、
それがたまりません。

ベトナム料理って、
あっさりしていて、味付けも辛くなく、とてもやさしいお味だと思います。

本当に最近食べ物に興味が薄れてきた私でしたが、
ここは本当に好きです。
雰囲気も屋台風で、いい感じです!

だから、良いのですよ。
無理にどこか行かなくても。
行きたくなったら、おのずと自ら頑張って段取りする日がくるでしょう〜!
posted by hanae | 23:44 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
これ、めっちゃ気持ちいい!
110504_1953~02.jpg
と、思わずさけんでしまった。

無印良品で買った室内ばき。

「ラグに使用する組み紐でルームサンダルを作りました。」
と、ラベルに書いていました。

荒いボコボコの織り目で
足の裏がめっちゃ気持ちいい!

また鼻緒っていうのもサイコー、
指の間がめっちゃ気持ちいい!
posted by hanae | 20:11 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
午後のひかり
110328_2301~010001.jpg

午後の眠気のせいか

視野が狭くなって

景色がハレーションをおこしたように見えたことがあって

そんなひかりが描いてみたくて

蜃気楼なのかな〜本物かな~っていう感じに
したかったのですが、
けっこうハッキリしてしまいました(てへへ。。。)



posted by hanae | 23:03 | | comments(0) | trackbacks(0) |
新しい人
 春の選抜高校野球で
「選手宣誓!」を言ったのは新高校2年生の16歳
先日、この震災で10日ぶりに救出された男の子も16歳
で、うちの次女も16歳です。

宣誓で創志学園の主将が
「僕たちは16年前の震災の年に生まれました」と言っていましたね。

あのときの赤ちゃんたちが16年経って
こんなにも頼もしくなるのだから、

今赤ちゃんの子供たちが
また月日がたって大人になる頃
きっと被災地もちゃんと復興しているに違いないと思います。


あの選手宣誓は本当に感動しましたが、
見ていて思ったのは

日本ってどんどん良くなってゆくんじゃないかな?


今の子供たちは、生まれてからいろんなことが起こってます。

命の大切さを痛感させられるような事件や出来事が
私が子どもだったころより
この子たちは多く体験しています。

私は高度成長時代に育ち
バブルの頃に大人になりました。

これからもずっとこんな生活が続くのだと、
いろんな便利を謳歌してきたのでした。

心より物の方が価値の高い時代だったのではないかな?

だからきっと私たちの世代より
今の子供たちが社会の中心になる頃は
もっと素敵な国になっているような気がします。


さて、
うちの16歳はというと、

勝手に落ち込んで勝手に立ち直って
こけても、めげずに立ちあがってますよ。
どうしたって前に進みたいのですね。

この新しい人たちがいる限り
どんどん、どうしたって前に進んでいくでしょう!

きっと、大丈夫!
posted by hanae | 23:23 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |